FC2ブログ

ウインズから学ぶ競馬の負け方

2019年11月06日
0
馬券師のバイブル
こんにちはこんばんは、競馬の勝ち方を教える馬券師シンジさんのブログです。
水曜日、それはそれは調教で考えてる予想家はさぞ楽しいでしょうね。
おら、調教はさっぱどわかんね。なんでフリーテーマでテキトーにしゃべります。
今回は「ウインズから学ぶ競馬の負け方」です。
どういう意味?
それはこれからわかります。
umeda.jpg
梅田ですね。

負けないためには負ける方法をしないこと


みなさん、私は競馬の勝ち方を教えているとさんざん言ってますが、あんまり教えていない気がします。すいませんなあ。

まあ厳密には私は「負ける方法を教える馬券師」かもしれません。いやいや、負け方なんか教えたら、皆負けちゃうでしょ?と思うでしょう。ピュアかよ。

つまりですね、更に言い換えると「負ける方法を教えるから、君たちはこれをマネしなきゃ負けることはないんだよ(勝つとは言っていない)」ということを言ってるんですよ。

まあ競馬の負け方なんて、負けてる人からしたら、自分のやってることを省みれば済む話なんですけどね(失礼)。

負けている人たちはなぜかウインズ梅田にゴロゴロいる不思議


そんな競馬に負けている人たちは、競馬場、家でPATしてる人、そこにもたくさんいるのですが、とりわけウインズ梅田の方が負けている人が多い印象。それはなぜか

・競馬場が遠いために、高齢者は都会のウインズで競馬がしたい
・競馬場に入らず生で馬を見ず、新聞紙だけで予想してる
・当てて風俗行くことばっかりを考えてる
・競馬場と違って入場無料のため入場料の払い方も知らない


などの理由から、ウインズ梅田には競馬場よりも下層の人間がいます。
すなわち、貧相な予想も多いという事です(あくまで個人の感想です)。

負け方を知るならウインズジジイに聞くが良い


競馬で負ける理由は競馬負けている人間に聞いた方がよい。そんな負けている人間がいるのが
そう、ウインズです。

ですので、しっかりおじいさんたちの話を聞いてみましょう。彼らは寂しがりです。そしてしゃべりたがりです。自分の買い方をしっかりと教えてくれます。そして、その買い方は基本的に儲からないです。一部紹介しましょう。

<先週お話した70代くらいのおじいさん>
yosouya.jpg

・ワイド一筋、かれこれ10年くらい。
・買う理由はワイドは人気薄が3番手に来ればオッズが跳ね上がるロマンがあるから。
・買い目は結局人気どころのため、当てたところで2倍前後になってしまう。
・買う額は常に100円から200円。そのため、毎回負けるが損失額は少ない。軍資金は1万円
・とりあえずメインレースは全部買う。



負ける特徴をいっぱい持っていますね。
まず、ワイドの人気を買うメリットは一切ありません。少額でやるなら絶対人気薄に試した方が良いでしょう。
ワイド3番手の馬が人気薄になればオッズが跳ね上がるロマンを感じたいのなら、3連複買えばと思ってしまいますね。
そして、資金の少なさ。70代なら仕方ないのかもしれませんが、私であれば、1日の軍資金が1万もないのなら、正直10万貯まるまで競馬しませんけどね。

まあおじいさんは長年の経験が積み重なっているがために、買い方を否定するとめちゃめちゃに怒り出すので、「そうなんですね」とほっといて接しています。私が聞きたいのは、「なぜその買い目を買い続けるのか」だけですからね。

まとめ


ウインズにはこんな負けているおじいさんがごろごろいます。そしてそのおじいさんはたまに私にこんなことを言います。
「俺みたいになるなよ」と。

そうです。おじいさんたちと同じような買い目で、ルメールが乗るからってなにも考えずに購入して負けるような大人になってはいけないと自分から言ってるんですよ。大変参考になりますよね。
一度はウインズで人間観察をしてみてはどうでしょうか。

最後に、「最終レースわからんからとりあえず川田や!」とか言ってた人間が先週居ました。
川田出てないんよな・・・。
関連記事
スポンサーサイト



JRA銀行対策本部
Posted by JRA銀行対策本部
名前:新人(シンジ・しんじんでも可)
在住:京都府 年齢:エイジフリー 趣味:旅行
特技:競馬で当てた金を全部競艇でスる
職業:JRA銀行から利子をいただく会、会長 
買い方:基本単勝
ひとこと:馬券を買うなら絞れ、そして帰れ。あとコメントなどはタメとかでぜんぜんかまいませんよー。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply